わたしを通してみる世界🐋✨

自分で自分を満たし、しっかり自分と繋がる。自分のそのままに辿り着き、受け容れ、周りのそのままと溶け合って調和してすでにあるものを循環させる。そんな風に在りながら、地球での旅をわたし目線で呟く場所。

映画コレクション② The Game Changers

映画 The Game Changers を観ました。

 

最近、栄養素とかからだの仕組みに興味が出てきたわたし、

「今こそ家で観たいサステナビリティがテーマのドキュメンタリー映画12作品」から

早速ひとつ観てみました!

 

「今こそ家で観たいサステナビリティがテーマのドキュメンタリー映画12作品」Linkはこちら↓

https://www.sustainablebrands.jp/sp/news/us/detail/1196546_2140.html

 

The Game Changersは強い身体をつくるのに動物のお肉(動物性たんぱく質)が必要だという説に対して異論を唱えている映画。植物から得られるたんぱく質との比較や菜食中心の有名アスリート、実験や実践例がたくさん出てきて今までなんとなく信じていたたんぱく質といえばお肉!みたいな気持ちがどんどん書き換えられていく面白い映画だった。

 

・人間はもともとほとんど菜食主義だった。

 肉食動物に比べて歯は肉をかみ切るのではなく草をすり潰すのに適したかたち

 肉食動物に比べて人間には世界がカラフルに見えるのはより新鮮で適切な植物を探すためだ

 グラディエーター古代ローマの闘う人)や私たちの祖先はほぼ菜食だった

 

・植物性たんぱく質>動物性たんぱく質

 筋肉量、体力、持久力すべて植物性たんぱく質の方が良い(選手たちの経験談

 植物性たんぱく質の方がガンや心臓発作などのリスクが低い

 植物性たんぱく質をとった後の方が血液の透明度が高い

 (動物性たんぱく質をとったあとは脂肪が浮くため濁っている)

 

などなど全然書き切れないけどすごくたくさんの学びが詰まっている映画だった。

 

「何が現実で何がマーケティングなのか見極めなきゃね」というアーノルド・シュワルツェネッガーが映画の中で言っていたセリフに

そうか!!!...となる単純なわたし。

これでだれが得をするのか、や商品が商品になるまでの背景に少しでも想像力を使えるようにちょっとずつなってるかしら。

 

私はベジタリアンでもビーガンでもないし、お肉はすごく美味しいと思ってるから

これからも当分ビーガンになったりする予定はない。

でも、自分の身体をつくるのは食べるものを選んでいる私であることは一生変わらない。

だからこそ、溢れる情報から自分が良いなと思う情報を選び取って、

自分の身体を大事に、健康でいれることは当たり前についてる自動機能じゃないということを忘れずに暮らそうっと。

 

ちなみにこの映画のホームページでは動物性たんぱく質を使わず、

植物性たんぱく質だけでつくる美味しいお肉?!レシピなんかがたくさん載っています♡

https://gamechangersmovie.com/food/

あと、Core Principlesのところにはわかりやすいたんぱく質の比較の記事や

自然食品と精製食品についてなどのちょっとした説明もあるのでよかったら覗いてみてください。(英語表記、中国語もあるみたい)

🐤レシピは英語でもそんな難しくないはず

 

私はカリカリ豆腐ターキーが気になってる!

https://gamechangersmovie.com/recipes/country-fried-crispy-tofu-turkey/

 

以下ホームページから抜粋。

While most people think eating better is simply a matter of willpower, the reality is that being prepared and supported is much more important.

多くの人は食習慣をよりよくしようと思ったら、大事なことは強い意志だと思ってるかもしれないけど、実際はどれだけ取り入れるのが簡単でどれだけサポートしてもらえるかが肝だよ!(意訳:わたし)

 

ということで、メルマガやSNSでHPでたくさんの情報を発信している

The Game Changersでした。すんごい面白かった!観て良かった☆彡