自分の選択で思い通りの人生を生きる20代女子の島暮らし日記

自分で自分を満たし、しっかり自分と繋がる。自分のそのままに辿り着き、受け容れ、周りのそのままと溶け合って調和してすでにあるものを循環させる。そんな風に在りながら、地球での旅をわたし目線で呟く場所。

なんでなんでおばけといわれる所以(後編)

【なんでなんでおばけといわれる所以④】

 


小さい頃から「なんで?」が多かった。

 


キッチンに立つママの横でわたしは、

「なんで?」「どうして?」をきき、

 


キッチンに立つママに妹は、

「きょうはおみつぉちーる(お味噌汁)ある?」

と毎日確認に来る、

そんな姉妹だった(←どんな姉妹やねん🤣)

 


そんなわたしにママは、

「もう『なんで』はあと3回まで!」

とか言いながら、

3回を過ぎても絶対答えてくれる

そんな毎日だった。

 


そして、『なんで』に答えてもらう度、

世界が広がるそんな毎日。

 


(ママは初代Google先生なのか?

ってくらいなんでも知ってる👩🏻‍🎓w

とその頃は思ってた。しそうだったと思う。

 


そして大きくなったわたしは

時々、ママ論のママにとっては真実だけど、

事実ではないってことも

答えに混じっていたことを暴露される😆)

 


パパは、また全然ママとタイプは違うんだけど、

「なんで?」に対して、

「なんででしょーねー😁」って

にやにやしながら、答えるそんな人。

 


だから、わたしは

「こうだから!」とか「わかんない!」とか

「なんで?」とかそれを突き詰める。

 


どんな答えにも、どんな発想にも、

どんな考えにも、

「ひっひっひ、面白いね〜」

「お、そう考えますか」

「へぇーなるほどねぇ」

と否定された記憶がない。

 


大きくなってからのパパは、

わたしが何を言っても、大体、

「若いね〜いいね〜」としか答えないし。

 


そんなパパとママと一緒に

たくさんの時間を過ごして今があるわたし、

そりゃなんでなんでおばけ👻が

すくすくと育ちますね。

 


素敵な幼少期と両親に感謝だぁ。

 


なんでなんでおばけって誰かに言われる度、

わたしは今まで、

私に付き合ってくれたみんなと

いまわたしに付き合ってくれるみんなに

ありがとうしか生まれない。

 


そんな素敵なわたしの異名のはなし。

 

f:id:Sonia17:20211007090825j:image