わたし目線の旅ノート🐋✡

自分で自分を満たし、しっかり自分と繋がる。自分のそのままに辿り着き、受け容れ、周りのそのままと溶け合って調和してすでにあるものを循環させる。そんな風に在りながら、地球での旅をわたし目線で呟く場所。

心が強ばってると、世界が怖くなる。

 

自分の心が世界を映す。

とか、

自分の思ってる世界になってる。

とか、

世界は自分がつくってる。

とか、
よく言うけど、ほんとだよなぁー。
って思った出来事があった。

 

f:id:Sonia17:20210423114354j:image


昨日、
「この会議どのくらい時間かかる?」
ってセリフに対して、

わたしは反射的に、身構えた。
防御態勢に入った?というのかな?
まぁ、簡単に言えば、緊張した。😂

それは、
みんなが会議めんどくさいって思ってるかな?
ほんとは来たくないのに我慢して来たのかな?

って気持ちが横切ったから。

「この会議どのくらい時間かかる?」
=
早く終わらせたいんだけど、
何分我慢していなきゃいけない?

って受け取った🤣
(わかりやすいようにちょっと大袈裟だけど)


で、ドキッとしながら、
「うーん、1時間くらいかな、なんでー?」

と言ったら、
「じゃあ、トイレ行ってくる!
1時間は我慢できないと思う!!!³₃」って。


笑った。そしてほっと安心した。


勝手に思い込んで、身構えて、
自分の世界を相手にはめ込んでた。

相手の世界が入る隙、
自分の世界が変形する隙、
まったくなかった。


心が強ばったら、硬いから変形も出来ない。

世界は優しい。し、
わたしは優しい世界に生きたい。
から、力を抜いて、
そのときの自分と、
そのときの相手と向き合って。


じっくり丁寧にあったかく生きる。だね。

 

f:id:Sonia17:20210423114424j:image

Violet Evergardenを観て。

Violet Evergardenというアニメを観た。

 

f:id:Sonia17:20210421121044j:plain
 

男子高校生におすすめのアニメを聴いたら、

Violet Evergardenと言われ、

感情を理解できない少女が「愛してる」を

わかるようになっていくお話し

と教えてもらった。

 

ずっと心にタイトルが残ってて、

たまたま機会があってみてみたら、

とっても切なくてあったかいお話しだった。

 

f:id:Sonia17:20210421113931j:plain

 

主人公のViolet(ヴァイオレット)は、

孤児で少女兵として

戦場に駆り出され使われる。

 

戦争が終わり、

自動手記人形としての人生を歩む。

 

自動手記人形は、

タイプライターを使って、

お手紙を代筆する

お仕事に就いている女性のこと。

 

Violetは幼い頃から

「道具」として育ったから、

感情がわからなくて、

人の気持ちを察することができない。

 

だから、

代筆のお仕事を最初はうまくやれなくて。

 

代筆っていうのは、

ただ言われたことを打つお仕事じゃなくて、

その人が本当に言いたいことを

お手紙にして伝える、

人と人をつなぐ、結ぶお仕事なの。

 

普通の人なら察することができるか、

もしくは勝手に察して

踏み込まないようにすること、

それ以上、深入りしないようにすること、

 

もしくは、

自分の世界の中で勝手に善悪を判断して、

そのメガネの奥から

見たり話したりしてしまうことを

なんの判断もせず、

ただ聴き返したり、繰り返したりする。

 

そして、

本当に言わないと伝わらないの。

(察することができないから)

 

普通は秘密にしておいて欲しいことを

秘密にする必要がないと思って

話してしまったり、

 

本音を包み隠さず、

そのまま手紙にストレートに書いて

お客様を怒らせてしまったり。

 

 

でもね、

そんなVioletが教えてくれるのは、

 

『本当に想ってることは

 ちゃんと伝えないと伝わらないかもしれない』

 

ってこと。

 

f:id:Sonia17:20210421120215j:plain

 

自分の想いをちゃんと言葉にして

伝えることの大切さ。とその重み。

 

みんな、巧みに言葉を操って、

自分のほんとうのきもちや

本当に言いたいことを隠してしまう。

 

そして、隠し通せてしまうことがあること。

 

本当の素直な気持ちはとってもシンプルで、

その言葉はとっても伝わって響くこと。

 

みんなが本当の気持ちを大事にして、

それを素直に伝えていけたらいいのになぁ

といつも思う。

 

わたしも前は全然、

素直に話すこと出来なかった。

 

素直に話すのは怖いとも思ってた。

 

でも、だんだん素直に伝えたり、話したり、

素直に生きられるようになってきて、

そしたら、

世界はとっても優しく素直になった。

 

世界は自分が想ってる通りになるのかもね、

自分の中と外は一緒なのかもね。

 

とってもきれいで人間っぽいおはなしだった。

 

わたしも

みんなが本当は持ってる素直な気持ちを

一緒にひも解いて、

伝えたい人に伝えるお手伝いをしたいな。

 

大事な人に対して、

自分に対して、

心を込めた手紙を書くの。

 

その手紙を読んだ人が

とっても温かい気持ちになる

そんな陽だまりのようなお手紙を。

 

f:id:Sonia17:20210421121038j:plain

 

保育士試験を受けてみて 気付いたこと🐹

保育士試験を受けました。

 

わたしはいま、

久米島の学童で働いています。

 

子どもが好きで、

子どものきらきらの目と

わくわく今を生きてるのが好きで、

その子がその子らしく

自分にとって幸せな人生を

歩んでいくのがみたくて、

「みんな、最高だよ!」って伝えたくて、

学童で働けてることがとっても嬉しい。

 

f:id:Sonia17:20210421112046j:plain

 

ちなみに

高校生向けの塾でも働いてるんだけど、

それもおんなじ。

 

高校生がたくさん迷いながら、

自分にとって幸せな人生を

歩んでいくのをみたくて、

みんなとっても素敵すぎて、

関われていることが幸せ。

 

任期は今年で終わってしまうけど、

関わり続けたいなぁ...。

 

(色々、言葉が溢れたけど、本題に戻る!)

 

f:id:Sonia17:20210421112209j:plain

 

保育士とか学童とか
「なにするのー?」って聞かれたら、
「子どもと遊ぶんだよー。」って言う。

 

「遊んでたらお金もらえるなんていいなぁ」
って言われたり、わたしも時々思ったりする。


(子ども大好きだし、
一緒に時間を過ごせるの幸せだし)

 

でもね、全然簡単な仕事じゃない。

 

遊んでるだけ、なわけでもない。

遊んでるだけ、なんだけど、違う、

というか……笑

 

多分、他の仕事もそうなのかもしれないけど、

子どもに対してどういう立場で

どういうわたしで接するのか、

それがベースにあって。

 

そのうえで、

日々その場で起こる出来事、

その場で繰り出される会話、表情、

言葉を使わないやり取り、

そして今までの関係性や

一緒に過ごしてきた時間、

 

そういったものが重なって、

その時の言葉選び、行動、表情が

つくり出される。

 

そして、その時のそれが

なんでもなく忘れられたり、

思いもしなかったことが

相手の心にとっても残ったり。

 

忘れられた、

その残らなかったようにみえるそれも

積み重なってお互いの人生を創ってる。

 

だから、

「あー、あんな言い方しなければよかった」

とか

「あー、もう少し

   こう出来たらよかったのになぁ」

とか

「あー、どうして

    あんな感じにしちゃったんだろう」

とか思うこともある。

 

正解とか正しい接し方、とかはなくて

全部じぶん的に、ってことなんだけどね。

 

でも、これは多分、

子どもと関わる仕事だけに対してではなく、

人と関わって生きていくこと、

と同じなのかもな。

 

f:id:Sonia17:20210421112331j:plain

 

あら、また心が溢れてしまった(笑)

保育士試験の話に戻るね。


保育士試験は学科が9教科もあるの!
・保育の心理学
・保育原理
・子ども家庭福祉
社会福祉
・教育原理

・社会的養護
・子どもの食と栄養
・保育実習理論

 

そして、

それぞれの科目で6割以上の点数を取れると、

一次試験が合格になる。

 

教育原理と社会的養護だけが10問で

他の科目は20問。

 

2日間かけて10時頃から16時過ぎまで試験。

久しぶりの受験生だった。

 

(ちなみに保育士資格は国家資格になった。)

(国家資格って響きが格好いいよね⭐。)

 

で、そんな試験を受けてみて、

試験を受けるまで勉強もして、

そして、2日間終わって思ったこと。

 

それは、

子どもと関わる仕事って

全然簡単じゃないってこと!

(難しいってことじゃなくて、簡単じゃない。)

 

だって9科目もあって、

二次試験まで受けて、

やっと子どもをみる保育士になる。

 

その9科目の中には、

子どもがどうやって発達していくか、

どんな風に言葉、概念、

感情、心、身体が育っていくか。

 

そんな子どもをどうやって見守っていくか、

そんな子どもたちの健全な発達を支えるための

たくさんの制度や施設、法律。

 

栄養バランスや運動機能、

子どもとの関わり方、

たっくさんのことが書いてある。

 

今まで長い年月をかけて

たくさんの人が研究して、

いまも一緒に働いている人たちは

毎日子どもと関わって

たくさん目の前の子どものことを考えてる。

 

なんか、そうだよな、

全然簡単な仕事でもないし、

全然遊ぶだけの仕事でも、

ただ見守るだけの仕事でもないよなぁ。って

ふと思って、

それをただ残しておきたくて、

書き始めたらこんなことになりました。

 

ふぅ、すっきりした。

 

f:id:Sonia17:20210421112446j:plain

 

やっぱり、私は子どもが好きみたい。

(子どもと大人って分けるのは

 好きじゃないんだけどねん。)

 

まぁ、つまり人が好きだわ。

(つまり、なのか?)

 

わたしは、

そんな子どもや人のことを

もっと知りたくて、学びたくて、

放課後児童支援員の資格を取るために

保育士試験を受けた。

 

保育士資格を持ってることが

その研修の受講資格のひとつだから。

 

受かるといいなぁ。

 

勉強は大変だったし、

飽きることもあったけど、楽しかった。

そしてとっても勉強になった。

 

保育士試験の中身も気が向いたら

書き留めてみようかな。

もずくお買い得が金曜日(4/23)締切!🤭✨

 

……ということで、
みなさん、買ってみてーー!

https://www.facebook.com/1539714566298916/posts/2915269765410049/?d=n

(こっから漁協さんのFacebookにとんで、

 お好きなメニューがのぞけるよ🧚‍♀️)

 

久米島のもずくは内地のもずくとは違って
酸っぱくなくて、太くてとっても美味しいの😳

久米島に来てびっくりしたわたし。


だから、みんなにも食べて見てほしいのー!

https://www.facebook.com/1539714566298916/posts/2915269765410049/?d=n

 

そんなこと言っても、
もずくってそんなたくさんどうやって食べるの?


とわたしはなる。

 

ということで、
1年前くらいにわたしがやった
#生もずくマラソン を参考に✎*

 

30日間、もずくを食べ続けたら、
お通じが良くなり、楽しい毎日でした✨

 

f:id:Sonia17:20210421001904j:image

 

いろんなもずくレシピを試したから、

Facebookハッシュタグを検索したら、
投稿で記録がみれるはず🤭

(↓一応私の投稿URLも貼っておきます)

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2562841057326526&set=a.1485694921707817&type=3

 

いつもお世話になっている
美味しいものたくさんの久米島漁協さん、
久米島の風が是非みんなにも届きますように😊❤️

 

https://www.facebook.com/1539714566298916/posts/2915269765410049/?d=n

生きるってこういうことかな。

みんなそれぞれ形が違って、
大きさも違って、
なんなら同じ材料なのに、
全然違うものが出来上がる。

 

f:id:Sonia17:20210405002433j:image

 

それをつくった人の
意図や意味も込められてるから、
わたしにみえてるこの泥団子たちと
つくりてのつくった泥団子たちは、
きっと全く違うもの。

 

それでも、みえてる物体は一緒で、
使ってる言葉は一緒で、
ある程度の同一性があるから、
伝わってる感じがする。

 

その言葉や見えてる世界が生まれたところは
全く違う世界かもしれないのに。

 

そんなこと言っても、
宇宙からみたら、
そんな違いは超ちっぽけで
なんならそんな違いも全部ひっくるめて
おんなじ、かもしれない。

 

そんなちっぽけで大きな違い、
ひとりひとりが持つかけがえのない世界、
それをひとつひとつ大事にしながら、

 

わたしは私の幸せを最優先に、
わたしが幸せな世界をつくりたい。

 

 

なんだかとっても難しそうに見えるけど、
シンプル簡単なのかもしれない。

 

その方法はまだ全然わからなくて、
いつもそんなことをしたいってこすら忘れて、


日々の心の波の中を生きて、

自分を幸せに、っていう
1番大切で中心にあるものすら忘れて、
置き去りにしてしまうこともある。

 

生きるってこうことなのかな。

 


これがわたしのつくる物語。
25年と6ヶ月目、
いま、何ページになったかな?

 

 

「いちばん大事なのは、
   お母さんでもお父さんでも誰でもない
   自分の幸せ、だから。」

 

「自分を幸せにしないと、
   周りを幸せに出来ないんだよ。
   まずは自分から、さー。」

 

いつもわたしがみんなに言ってる言葉、
お世話になってる〇thおとうさんから
言ってもらった。

 

泣くかと思った。


というか、堪えきれず、
すぐバイバイして
泣きながらお家に向かって歩いた。

 

落ち込んでたら、
話を聞いてくれる人がいた。

 

わたしはわたしだって言ってくれる人がいた。

 

時間取れなくてごめんねって
心を寄せてくれる人がいた。

 

あったかい微笑みを送って、
言葉を超えて応援してくれた人がいた。

 

これも生きてるってことだろうなぁ。

 


はぁ、生きてるなぁ。

やっぱわたしはわたしで
生まれてこれてよかったな。

1年のほんとうの長さ

1年の長さをちゃんと知ったのは、
アイルランド留学を1年した時。

 

あのとき、
1年をアイルランドとスペインで過ごして、
日本に帰国した時、
1年ってこんなに長いんだって思った。

 

びっくりした。

 

今まで自分は適当に1年を生きてたのかな?
ってちょっと思ったくらい。

 

そこから、2016年からのわたしの1年は
めっちゃ長くて濃い。
(あっという間なんだけどね)

 

それは、もう知ってるから。

 

自分の過ごし方次第でいくらでも変わること。

 

毎日、生きてる、時間を過ごしてる、
そんな意識で生きるようになったから。

 

だから、私はたくさん動くし、休むし、
悩むし、楽しむし、暮らす!

 

日々、色んなことが起こるけど、
それは私が生きてるから。

 

今日も生まれてこれてよかったって
思えることに感謝して。

 

周りのみんなと自分と身体に心を傾けて。


あんなにどんより強風だったのに、
ほら、空が晴れてきた✨

 

f:id:Sonia17:20210404163811j:image

じぃーまのくろざーたー黒糖づくり見学💖

ご縁を頂いて、

久米島唯一のてづくり黒糖やさん、

儀間のおやつ村さんにお邪魔してきました!

↓ おやつ村さんのページはこちら

https://kumejimaoyatsumura.com/

 

f:id:Sonia17:20210404154314j:plain

 

わたしは身体のことや、

食品添加物、油のことを少し勉強してから、

単糖類であるwはちみつと純黒糖が大好き!

 

お店でよく売ってる

加工黒糖と飴ばっかり食べてたけど、

いまは純黒糖ほぼ一筋。ってくらい美味しい。

(加工黒糖は色々混ざってて、

   純黒糖はサトウキビだけから出来てるよ。)

 

純黒糖の中でも、

一番おいしいのがこのじぃーまの黒ざーた。

ここで買えるよ!↓

(製造終了しちゃうから今しか買えない(´;ω;`))

kumejimaoyatsumura.com

 

久米島の手作り黒糖。

 

ここは昔ながらの方法で黒糖をつくってる。

 

サトウキビ栽培から自分たちで、

今の時期(2月~3月ごろ)に

自分たちの手でサトウキビを狩って、

それをひとつひとつ絞っていく。

 

窯に火をつけて、

絞った汁を何時間もぐつぐつ煮る。

f:id:Sonia17:20210404154952j:plain

 

それをお鍋にうつして、

今度は高速でかき混ぜる。

 

空気をたくさんいれることで

美味しい黒糖が出来るんだって。

(じぃーまのおじぃが教えてくれた)

 

f:id:Sonia17:20210404155016j:plain

 

まわしてみたら、

予想以上に重くて、数分で腕が筋肉痛に...。

 

どんどんぶくぶく沸騰してるみたいに

黒糖が盛り上がってきて、

うまく空気を抜きながら入れていかないと

お鍋から溢れちゃうほど。

 

それをキリッとした顔つきで

どんどんさばいていく

黒糖のお兄さんと鬼嫁さん*。

めっちゃかっこよかった!!!

 

*鬼嫁さんとは...

f:id:Sonia17:20210404155453j:plain

 

鬼嫁さんはとってもおしゃべりで面白くて、

いつもゆんたくメイン買い物サブみたいな感じで

楽しい時間をくれるのです。

 

かき混ぜたあとは、

平らなアルミ板?に黒糖をうつして、冷ます。

f:id:Sonia17:20210404160025j:plain

 

すぐに熱い鍋をまわしながら、

お鍋に残った黒糖のお世話をします。

 

f:id:Sonia17:20210404160059j:plain

 

そしてやっと

お店で私たちがみるあの黒糖のかたちに。

 

f:id:Sonia17:20210404160718j:plain

f:id:Sonia17:20210404160729j:plain

 

サトウキビを絞ってからほぼ丸一日かかる

黒糖づくりの手間と想いに

接触れることが出来た日。

 

身体で感じたあの感動、絶対忘れないと思う。

 

実はこのじぃーまの黒ざーたーは

今回で製造を休止してしまいます。

 

だからこの見学ももう見れないし、

受付も終了しました。

 

めちゃめちゃ美味しい久米島産純黒糖も

あと残ってる在庫の数だけしか食べられない。

ということで私も5袋くらい買いだめしました😂💖

 

みなさんもぜひ一度は食べてみて欲しい!

(そしてほぼ確実にリピートして買いだめするはずw)

ネットでも買えるよ!⭐

kumejimaoyatsumura.com

 

なぜかはわからないけど、

黒糖苦手な友達に無理やり?w食べさせたら、

「ん?美味しい。黒糖苦手だったのに、

 これはめっちゃ美味しい。買いたい。」

と言っていたので、

黒糖苦手かも、なあなたもぜひ♡

(責任は取らんけど)

 

 

< おまけ >

見学したときに飲んだ

煮立ての黒蜜が最高に美味しかった。

 

そして、

もらったさとうきび黒蜜巻きが夢の食べ物すぎて、

撮影会したあと、ずっと舐めてました(笑)

f:id:Sonia17:20210404160910j:plain

 

 

久米島は素敵なところです。

移住して3年目が始まる4月。

 

この一年も素敵に最高に自分らしく幸せに。

 

島を感じて、島と暮らす。

 

久米島に来れない方もぜひ

久米島の風とともに届く黒糖を楽しんで💖

 ↓ ↓

おやつ村

 

本当に素敵な機会をありがとうございました。

 

f:id:Sonia17:20210404161747j:image