自分の選択で思い通りの人生を生きる20代女子の島暮らし日記

自分で自分を満たし、しっかり自分と繋がる。自分のそのままに辿り着き、受け容れ、周りのそのままと溶け合って調和してすでにあるものを循環させる。そんな風に在りながら、地球での旅をわたし目線で呟く場所。

後世に誇りを持てる日本にしたい

京都に来て5日目、平等院に行った。

 

初めての宇治。

 

そこで聴いた素敵な話。

それは先代から伝わる素敵な贈り物のはなし。

 

平等院の中の博物館、鳳翔院には

平等院鳳凰堂の中央にいらっしゃる

52体のうちの26体の仏様を

間近で観れるようになっている。

 

969年前に分業でつくられたその仏様の像は

木彫りで下から見上げられる前提でつくられている。

 

そんなお話を博物館の方にして頂いていたら、

私の好奇心が爆発。

 

たくさんの質問をした。

 

平等院平安時代からあり、

1000年ほど経っているため、

柱や扉など修理しながら継承されてきている。

 

……ということは?

なんでなんでおばけ発動👻

なんでなんでおばけって?と思った人はこちら↓

(記事、あとで貼っときます)

 

「修理されてるってことは平安時代の頃の

   平等院とは違う景色になっている

   ってことですか?」

 

この答えが衝撃!!!💥

 

なんと、修理の時に、

柱から取れた塗料の成分を解析して、

その色を再現して塗っていると……

 

だからほとんど平安時代の時の色と

変わらないはずですよ。とのこと😳

 

そして、さらに、

平等院を囲う池があるんだけど、

その池のかたちもどんどん変わっていて、

時代とともにその時の好みに変えられている。

 

で、今現在、観れるこの池の形は、

平安時代のものを再現したかたちにしたらしい。

 

それもどうやったかというと、

掘って、隅々まで綺麗にして地層を調べ、

再現に至っていると。

 

…………めっちゃ凄い……

 

凄すぎて、

「そんなことして残してきてるんですね、

    凄い!!!」と素直にめちゃ興奮したら、

 

「もっと凄いことありますよ」って😳

 

池の再現をするために、

地層を調べていた時、

室町時代の地層から椿の種が、

江戸時代の地層から蓮の種が出てきたそう。

 

それを植物センターで育てて、

発芽させて、増やしていき、

いまはその

室町時代の椿が冬に、

江戸時代の蓮が夏に平等院の池で咲く。

 

この話を聴いた時、

なぜだか涙が出そうになった。

 

凄い話で感動した。😭👏✨

 

そして私が言ったこと、

「じゃあ、今、江戸時代からの花と

   平安時代からの建物と池が見れてるのか。」

 

「だとしたら、わたしたちも

    後世に誇りを持ってもらえる

    日本にしなきゃだ。  

    今のまま行ったら、

     『平成(令和) 時代の地層から

        プラスチック出てきたよ』しか

     思い浮かばんもん。ちゃんとしなきゃだ。」

 

そう思った。

 

そしたら、「立派!」って褒められたけど、

今生きてるわたしたちみんなでやるやつ!

ってなった。

 

京都の6日間、

自分が凄くアップデートされた旅。

 

noteに詳しくちょっとずつ

旅の記録も残していきたい。

 

話を聴くと、ただの赤だと思ってた色も

なんだか深みのある赤だな、

とかくすみがちな発色の優しい赤だったんだな

とか気付くから、知るってやっぱり面白い✨

 

日本のこと、

今まで全然知らなくて興味持ってなかった分😓

ちゃんと勉強していこうと勉強モードです!

 

ちゃんと、

日本人として、日本を知って、向き合って、

先代から受け継ぎ、後世に返す。

 

そんな風に生きなきゃなと思った。

 

f:id:Sonia17:20211016143715j:image